【Tabtter代替】Better TweetDeckをTabtterのように使う方法

スポンサーリンク

Twitterのサードパーティ製アプリが禁止に

先日Twitterがサードパーティ製のクライアントを禁止するという発表をしました。
これにより今まで使っていたTabtterが使用できなくなり、WindowsでのTwitterの閲覧がかなり不便に……。

なんとかTabtterの代替にできるものはないかと調べてみました。

Chrome拡張機能のBetter TweetDeck

ブラウザのクライアントの1つでTweetDeckというものがあるのですが、これは公式なのでこれからも問題なく使えそうです。
そのTweetDeckを使いやすくするChrome拡張機能がいくつか出ており、その中でBetter TweetDeckというものがTabtterに近い使い方ができたのでその方法を書いていきます。

Better TweetDeckをTabtter風にする設定のやり方

①Better TweetDeckを導入する

下記Chrome拡張機能のBetter TweetDeckをインストールします。

Better TweetDeck
Take TweetDeck to the next level!

インストールしたらTweetDeckのページを開きます。

②各カラムの設定のPreference→MEDIA PREVIEW SIZEを「Small」にする

カラムの右上にある設定アイコンをクリックし、カラムの設定が開いたらその中の「Preference」→「MEDIA PREVIEW SIZE」を「Small」に変更します。

これをすべてのカラムに適用します。

③BTD Settingで一般→カラム→カラムの幅を変更にチェックを入れ「100%」と入力する

左下のBTD Settingをクリックし設定を開きます。
次に左の「一般」をクリックし、右の「カラム」の項目から「カラムの幅を変更」にチェックを入れ、入力欄に「100%」と入力します。

設定ができたら下の「保存」をクリックします。

④BTD Setting→カスタムCSSにCSSをコピペする

BTD Settingで左の「カスタムCSS」を選び、エディタに下記をコピペします。

.media-item, .media-image { background-size: contain !important; }
.media-item, .media-preview, .hw-card-container > div { border-radius: 0 !important; }

コピペしたら下の「保存」をクリックします。

⑤TweetDeckをリロードする

最後にTweetDeckを更新(F5キー)し設定を反映させます。
うまくいっていればカラムが1つになっており画像のサムネイルも元の比率のまま縮小されて表示されます。

とりあえずはこれに慣れていきましょう

Better TweetDeckでTabtterに近づけはしましたが、カラムに新着数が出なかったり画像がマウスオーバーで拡大できなかったりと様々な機能が足りておらず、まだTabtterのような満足感は少ないです。

とりあえず現在はJoytterと併用して使用していますが、Joytterもいずれ使えなくなりそうなのでBetter TweetDeckに一本化する予定です。

公式が良いクライアントを出すまでは慣れるしかないですね……うーん。

コメント

  1. 情報提供感謝…が、しかし
    何もかもが余りにも足りてないのじゃ…。代替アプリではなく明確に独自の機能を有していた別次元の情報収集ツールだったんですよねぇ…。