Window10の起動時にWindows Font Cache Serviceで重くなる件

スポンサーリンク

3行で要約

  • PC起動時にWindows10が2分くらい応答不能になる
  • Windows Font Cache Serviceというサービスが重くなっている原因
  • Windows Font Cache Serviceをスタートアップ無効にすることで解決した

Windows10起動時に数分応答不能になる

1週間前に、前のPCで使っていたHDDを今のPCで再利用しようと、SATAでHDDを接続し上手く認識したので何事もなく使っていたんですが、その次回の起動時から「起動から2分くらいWindows10が重くなって応答不能になる」ようになりました。

今までほっておいたけどそろそろ直そうかと思い、重い腰を上げました。

起動時のタスクマネージャを見てみると、謎のWindows Font Cache ServiceというサービスがCPUを30%ほど使っていたので解決方法を探ってみました。

Windows Font Cache Serviceが原因か?

ぐぐって検索するとすぐにヒット。

NexusFontが重い場合はWindows Font Cache Serviceを無効にしよう
世の中には魅力的なフォントがたくさんあります。 Windowsで新しくフォントを追加するには、システムにインストールする必要があります。 デザイナーや、フォント好きの方なら、フォントを100や200追
遅すぎる - おはのおはなし
予報では一日曇りだったけれど、時々太陽が見えた。その時は暖かくなるんだけれど...
Windows 10のFont Cache Serviceを停止する方法 - 実験る~む

どうやらNexus Fontというソフトと Windows Font Cache Serviceがかち合うみたいなのですが、自分はNexus Fontは入れていないので謎。

Windows Font Cache Serviceを無効にすると解決

Windows Font Cache Serviceのサービスは止めても良いというのがわかったので、サービス管理ツールでFont Cache Serviceのスタートアップの種類を「無効」に

そしてPCを再起動してみたら応答不能時間も無くなったのでWindows Font Cache Serviceがビンゴでした。

今の所何も起きてないので問題なさそうです。

忘備録でした。

コメント