So-netの光回線の夜間の通信速度が急激に低下した件【さくさくスイッチ】

スポンサーリンク

4月からSo-netでの光回線の速度が遅くなった

自分はインターネットの光回線はSo-net(ソネット)のv6プラスのプラン(So-net光プラス戸建)を使っています。(Nuro光ではありません。同じソニーグループではありますが)
利用料金はやや高め(月額6350円)ですがそれなりに早く安定しているので愛用してきました。

しかし今月4月に入ってから夜21時頃の夜間の下りの回線速度が急激に遅くなり、ゲームのダウンロードや動画の視聴に影響が出るように。

酷いときには3Mbpsしか出ない

普段なら下り300Mbpsくらい出ている回線速度。それが夜間に10~80Mbpsまで落ち込むようになりました。

この時点でもインターネットがかなりもっさりなのですが、4月9日の22時頃になんと3Mbpsまで落ち込む事態になりました。

3Mbpsとかスマホで通信量制限をくらったレベルの速度……当然PCではゲームのアップデートや動画の視聴も厳しい状態です。Twitterでの画像すらなかなか表示されないです。

さすがにこれは酷すぎると思い原因を調べてみました。

全国的にSo-netの回線速度が低下しているようだ

他にも同じ人がいるかTwitterや5chを調べてみると、同様にSo-netを使っていて回線速度が低下している人が多数見受けられました。特に酷かった4月9日は同様のツイートやレスが多かったです。

みんそくという回線速度測定のデータを集計しプロバイダごとに速度の推移を見れるサイトがあるのですが、そこでSo-netの月別の回線速度の推移を見てみました。

速度比較が出来る通信速度測定サイト
みんなのネット回線速度(みんそく)は、速度比較が出来る通信速度測定サイトです。今までに測定された300万件以上の測定結果から本当に速いネット回線がどこなのかチェックしよう!光回線のIPv4・IPv6の同時測定機能など、独自機能も搭載しています。

So-netの結果はこちら。

みんそくでのSo-netの回線速度の推移

1月までは平均300Mbpsあった回線速度が2月・3月で250Mbpsへ低下。そしてこの4月では100Mbpsまで急激に下がっています
やはりSo-netは全国的に回線速度が低下しているのは間違いなさそうです。

「さくさくスイッチ」という有料オプションサービスが原因の可能性が大

ではどうして回線速度が低下しているのか?
その理由としてSo-netが2月頃「さくさくスイッチ」という有料オプションをリリースしたのが原因だとTwitterや5chでは囁かれています。

「さくさくスイッチ」とは

ではその「さくさくスイッチ」とは何ぞやということですが、公式サイトの概要ではこのように書かれています。

さくさくスイッチ | So-net 光 | サービス別ご利用ガイド | So-net (ソネット)

「さくさくスイッチ」は、「So-net 光」「So-net 光 プラス」をご利用中のお客さま向けのオプションサービスです。高速帯域のネットワークでインターネットをより快適にご利用いただくことができます。

https://www.so-net.ne.jp/guide/collabo/ssswitch.html?SmRint=opt_rcm_use_ssswitch

専用の帯域を使い高速な回線でインターネットを利用できるとのこと。
利用料金は1100円/月額となっています。
速い回線を使いたかったら1100円払ってねということです。

さくさくスイッチの帯域確保のため今までのユーザの帯域を落としている?

この「さくさくスイッチ」ができたことによって回線速度が低下する理由について。

元々So-netが使える帯域はさくさくスイッチができる前と後で変わっていなくて、さくさくスイッチに割り当てられた帯域の分だけ通常ユーザの帯域が減らされたのではないか?という推論が立てられます。

さくさくスイッチができた分その他のユーザの帯域が減らされ混雑し速度が遅くなっているというわけです。

あくまで推論でしかないですが普通にあり得る事象だと思われます。

速度を落とすことによってさくさくスイッチのオプションへ誘導している?

もう1つ考えられるのが、わざと回線を遅くして月額1100円のさくさくスイッチを使わせようと誘導しているのではないか?ということです。

もしそうだとしたらかなり悪質です。
ユーザに何の説明もなしにサービスの質を下げ有料プランを契約させようとしているわけですので酷いどころの話ではありません。

あくまでも推論ですので実際はそうでないことを願うのみです。

IPoEでは遅くなっているがPPPoEでは高速に使えるという話も

5chのスレで検証されていましたが、IPoEを使うと10Mbpsしか出ないがPPPoEを使うと100~300Mbps出るようです。

IPoEはv6プラスで使われる方式でPPPoEはv6プラスを使わない以前に使用されていた方式のことです。
今回の事例だと、高速道路(IPoE)が渋滞していて一般道路(PPPoE)がガラガラで空いているという例えがしっくりくるかと思います。

さすがにv6プラスの利用者がこんなに多いハズがないですので、これは故意に回線速度を絞っている可能性が高いのではないでしょうか。

回線速度が遅くてどうしようもないという場合にはPPPoEで接続すれば一時しのぎになるかもしれません。(そのうちこちらも低速にされそうですが……)

さくさくスイッチを実際に契約するとどうなるのか

さくさくスイッチのオプションを契約すると回線は高速なのかという点について、Twitterや5chでは

「速くはなるが以前と同じレベルに戻るだけ」

という意見がちらほら見受けられました。

自分の環境では以前300Mbpsだったものがそれ以上に上がるのか気になったので実際にさくさくスイッチを契約してみました。

契約する直前の回線速度(4月12日 21時55分)はこちら。

20Mbpsというところです。遅い……。

さくさくスイッチの反映はすぐにはされないようで、反映されたと思われる次の日の夜に再測定しました。

さくさくスイッチ契約後の回線速度(4月13日 21時55分)はこちら。

以前の回線速度に戻りました。
ここでは300Mbpsは出ていませんが別の測定サイトで測定すると300Mbps出ているところもあったので回線速度が落ちているというわけではなさそうです。

戻りはしましたが以前より速くなるということは無さそうです……。

So-netから別のプロバイダへ移行したいけど……

3Mbpsしか出ないこんな回線は嫌だ!
ということでプロバイダをSo-netから変更しようとも考えましたが様々な障害が……。

So-net解約には違約金が20000円+αかかる

まずは違約金。
So-net光プラスでは更新期間以外で解約すると違約金として20000円かかります
この2年縛りの違約金システムのおかげで簡単には解約できません。

違約金システムはスマホ業界ではようやく無くなってきたというのに光回線の業界ではまだまだ一般的です。総務省もこちら側にも手を入れてくれればよいのですが……。

So-netの場合は違約金の他に工事費の残債も解約時に払わないといけません
工事費は36回払いの分割で月々支払う契約になっています。
契約から3年しない解約の場合は違約金とこの残債を支払わないといけません。

なので自分の場合は解約するのに違約金が20000円、工事費の残債が8640円かかるので3万近い額を支払わないといけないのです。
さすがにため息が出ます。

プロバイダを乗り換える際に違約金を支払ってくれるところも一応あるにはありますが……。

So-netだけでなく業界全体が高速通信を有料オプションにする流れになるかもしれない

さくさくスイッチのような有料追加オプションをつけると高速通信できるというプロバイダはSo-netだけではありません。
OCNの光回線サービスも「IPoEアドバンス」という高速通信オプションが存在します

OCN 光 + IPoEアドバンス|NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま
「IPoEアドバンス」はラグが少なく、遅延に強い。ゲームやライブ配信、4K/8K高画質にこだわりたいあなたに、光回線サービス「OCN 光」にアドオンできるオプションサービスです。

こちらのサービスも専用の高速帯域を使い低遅延や高速通信ができるようになるということです。

そして怖いのが5chのOCNスレでも回線速度が10Mbpsくらいに下がったというレスがたくさん……。

大手のOCNとSo-netがこういった高速通信オプションのサービスを始めたということは他のプロバイダも同様のサービスを始める可能性があるのではないでしょうか?
その場合So-netと同様に有料オプションをつけていないユーザは同様に光とは思えない低速な回線速度にされてしまうのではないでしょうか?

なので今プロバイダを乗り換えてもそのうちどこも有料オプションの加入を余儀なくされる……そんな気がします。

実質値上げと思って我慢するしかない?

プロバイダを乗り換えるのに高額な請求がかかる上に他のプロバイダに移っても同様の事象が出てくるかもしれない……そう考えると大人しくさくさくスイッチを契約して実質月額1100円の値上げだと思うしかない気がします

ただ今回のことに納得はできないので、総務省の「電気通信サービスに関する情報受付フォーム」と「国民生活センター消費者トラブルメール箱」に通報というか情報を投稿しておきました。

総務省から調査が入って今のような改悪がなくなることを願います。

電気通信サービスに関する情報受付フォーム
消費者トラブルメール箱(消費者トラブルメール箱)_国民生活センター

追記:NURO光でも回線速度が遅くなった模様

So-netだけでなく同じソニーネットワークコミュニケーションズのNURO光でも夜間の回線速度が遅くなっているようです。
パケットロス多発でゲームが快適にプレイできない状態になっているとか。

こちらはNTTではなく独自の回線網になりますが、21~23時にきっかり速度が落ちているので意図的に帯域を絞っている可能性があります。
Apexの一斉アップデートのため回線が混雑すると公式Twitterでアナウンスしていますが真相はどうなのでしょうか……。

コメント

  1. フレッツ+so-netでも絞られた・・・

    昨日になって動画もろくに見れないから速攻でプロバイダを変え、今日10時頃手続きが全部終りました
    こういう時に限って光コラボを選んでいなくてよかったと思ってしまいますね
    多少pingは上がったものの、ゲームは相変わらずの快適さでよしよしwww

  2. 私も全く同じ状況になっております。
    動画などは支障ないのですが、オンラインゲームだとパケロスが酷すぎてゲームになりません。
    ゴールデンタイム過ぎると直るので、本当に意図的に絞っているんでしょうね…
    非力ですが私も総務省の方に通報しておきました。
    So-net光プラスにして失敗しました。
    救いは…

  3. >>「さくさくスイッチ」は、「So-net 光」「So-net 光 プラス」をご利用中のお客さま向けのオプションサービスです。
    これ,NURO光の契約者は加入できないのにまとめて帯域制限かけられてしまっているので余計に悪質さが際立っているんですよね

  4. うちでも同じように3月末ぐらいから急激に夜の回線品質が悪化しました。
    今違約金を払うのは嫌なので、それまではという事でさくさくスイッチ契約しましたが
    翌日から夜に800Mbpsぐらいの速度が出て今までよりも速くなった気がします。
    そのぶん未契約者の帯域が絞られてるんでしょうね

    3月までは品質も良くお勧めできるISPだと思っていただけに、今回の件はとっても残念です。