【コミック】「お兄ちゃんはおしまい!」3巻を読んだ感想 (REXコミックス)

5.0
スポンサーリンク

コミックRexで連載中の「お兄ちゃんはおしまい!」の3巻を読んだ感想を書いていきます。


お兄ちゃんはおしまい! 3巻 :画像をクリックするとAmazon商品ページへ飛びます

あらすじ

「お兄ちゃんはおしまい!」シリーズは、ねことうふ先生が描く、妹に薬で女の子にされてしまったニート体質の兄・まひろがJCとキャッキャウフフするTSF漫画です。

TSFと言っても特にえっちなことはなく、兄の女の子としてのの生活を楽しんでいる風景をのんびり描いています。

元々は同人誌で展開していましたが商業として単行本化され、現在は月間ComicRexで連載もされております。

1巻は女の子生活スタートと様々な困惑、2巻は妹のみはりの友人とから始まる人間関係、そして3巻は女子中学生として学校に通うまひろとその友人との日常がメインとなっています。

女子中学生生活を送るまひろ

兄のまひろが女子中学生としての生活を満喫するはず…なのですが、元がニート気質なので最初はどうしても馴染めず、また女の子としても学校で失敗を繰り返してしまいます。

中学生としてのテストも途中で寝てしまってほぼ白紙で提出してしまったり暗記系の教科に苦戦して補修を受けてしまったりと散々……。

女子お泊り会でドキドキ?

冬休みでは兄のダラダラ生活を阻止すべく女子お泊り会を開催。

お風呂はまひろの取り合いになりまひろもそれはマズいと思いある行動に出ます。その行動もニンマリとするシーンなので是非読んでみてください。

かえでともみじ

みはりの友人かえでとその妹もみじとの姉妹同士ダブルデートもかわいくて必見でございます。もみじは個人的に一押しキャラですね。

4巻も楽しみです。お兄ちゃんは元に戻る気になるのか!?
期待しております。

コメント